オーガニックコットン製品と布ナプキン

メニュー

一般的なコットンについて

オーガニックではない、一般的なコットンは、
病害虫に強いとされる遺伝子組み換え種子や発芽促進剤を使った種子が使用され、
発芽効率を上げるため、土や種には化学肥料、防カビ剤、殺虫剤が使われます。

オーガニックではない、一般的なコットンは、

オーガニックではない、一般的なコットンは、

病害虫に強いとされる遺伝子組み換え種子や発芽促進剤を使った種子が使用されます。発芽効率を上げるため、土や種には化学肥料、防カビ剤、殺虫剤が使われます
畑に除草剤を散布したり、農薬をまいて雑草の発芽を防ぎます。害虫対策には、殺虫剤を使用したり、栽培時に害虫耐性のある遺伝子組み換えの種を植えたりします。
収穫が早いほど高く売れるのと、葉っぱのゴミがコットンに付着するのを防ぎ、一度に効率よく収穫するために、落葉剤で葉を枯らします。地域によっては落葉剤を飛行機で大規模に空中散布するところもあり、周りの環境に影響することも。落葉剤で葉を枯らした後に機械で一気にコットンを収穫します。
単一栽培で土はとても貧弱になるため、化学肥料で養分を補います。土はやせてしまい、農薬や化学肥料がないと作物が育ちにくくなってしまいます。