代表・前田剛のコラム vol.17「メイド・イン・アースの和綿プロジェクト」

メイド・イン・アースの和綿プロジェクト「和綿の種 ひろがるプロジェクト 〜HOME GROWN〜国産在来種コットンを育ててTシャツを作ろう」 これまでも何度かお伝えしているメイド・イン・アースの「和綿プロジェクト」ですが […]

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


メイド・イン・アース代表・前田剛の
〜オーガニック&エシカル コラム vol.17〜

メイド・イン・アースの和綿プロジェクト
「和綿の種 ひろがるプロジェクト 〜HOME GROWN〜
国産在来種コットンを育ててTシャツを作ろう」

これまでも何度かお伝えしているメイド・イン・アースの「和綿プロジェクト」ですが、今年は、「和綿の種 ひろがるプロジェクト 〜HOME GROWN〜」と題して、栽培やお話し会、ワークショップに加え、プロジェクト参加者みんなが栽培した和綿を使って、Tシャツを作るプログラムを追加します。

和綿をみんなで栽培することで、絶えつつある在来種コットンを次世代へと継承していくとともに、普段から身の回りにあるコットンが植物であることをあらためて感じ、より親しみを持ってもらうプロジェクトとしてこれまで続けてまいりましたが、今回はその和綿を使って、実際に自分たちが着るTシャツまで作ろうという企画です。

一つのコットンボールからは、綿繰りをする(タネを取り除く)と、0.5〜1gほどの繊維がとれますので、計算上ではTシャツ1枚を作るのに、コットンボールが200〜400個程度必要となります。

現在流通しているコットン製品の原料である洋綿と違い、和綿は、繊維の長さが短いため、和綿だけではTシャツの生地を作るための細くしっかりした糸を作ることができませんが、オーガニックコットンと混ぜて紡績することでこの問題を解消することができ、和綿入りのTシャツを実現することができます。

和綿プロジェクトでは、ご家庭やお店、学校・地域などの団体、そして農家さんの畑の方々に和綿栽培を楽しんでもらったり、コットンのお話会や出張授業、糸紡ぎワークショップなどの開催を通して、多くの方に、在来コットンのタネを守りながら、ワタに親しんでいただき、最終的には、みんなで栽培したワタを纏えたら素敵だな、と思っています。

ぜひ「メイド・イン・アースの和綿プロジェクト」へのご参加をお待ちしております!

詳細はこちらから
https://www.made-in-earth.co.jp/special/23209/




各特集最新記事一覧へ