1/19 の スタッフ3分間「モーニング小話」

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12/25のスタッフ3分間「モーニング小話」
~メイド・イン・アース
毎朝の朝礼でスタッフが話す
「日替りショートストーリー」~

今朝の担当は、企画チームの加藤さん☆彡

昨年末のこと…

仕事納めの翌日、

お家で、ゆっくり過ごされていた加藤さん。

お家には、お母さんと、隣の家にはおばあちゃん。

ゆっくり寝ていると…突然!

「ゆびがとれた!」

という、お母さんの声!

寝ぼけながら、携帯から病院にでんわをかけつつ、

加藤さんが駆けつけてみると…

机の上に!おばあちゃんの 指 が!!

なんと、おばあちゃんの指先が、ちぎれてしまったのです。

加藤さんのおばあちゃんは、

お世話になったいろんな方に、おもちを配りたかったそうで、

朝から、おもちつき機で、おもちを作っていたそうです。

もち米を、ふきんでくるみあげて、直接、おもちつき機に、

もち米を入れていたそうなのですが、

そのとき、おもちつき機のなかに、ふきんが巻き込まれてしまったそうで、

そのまま、指先ごと…!

そんな、一大事!な状況にも、

『指一本なくたって、人間生きていける!』

と、おっしゃっていたそうで、

加藤さんのおばあちゃんは、ほんとうに、たくましい方だなぁ。。

と、おもいました。

そして、そのあと、

加藤さんは、知ったそうなのですが、

じつは、昔から、

12月29日は、おもちをついてはいけない日と、言われているそうです。

9 は 「くるしみ」とも、よめるからだそうです。

たしかに、言われてみれば、

年末の、大晦日・お正月に向けた、境目の時期、

疲れが出やすかったり、そういったことが、おこりやすい日なのかもしれません。

年末でも、いつでも

人間何が起こるかわからない…!

悔いなく、毎日を生きよう。

そう、おもった、加藤さんなのでした。

この、お話しを聞いた みんなで、

気持ちを同じくしつつ、

おばあちゃんの健康を祈りました。。

寒い日々にも、まけないような、

とってもたくましい、お話しでした。

(書き手:白川)

各特集最新記事一覧へ