はじめて生理を迎える少女たちに、布ナプキンのやさしさを。

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女性にとって生理期間は、体と向き合う大切な時間。はじめて生理を迎える子どもたちにも、このステキな時間に喜びを感じてほしいと願っています。ふんわりやわらかなオーガニックコットンの布ナプキンを、そのおともに…。メイド・イン・アースでは、小・中学校の保健の授業で布ナプキンを紹介する「布ナプキンお試しモニター」を、養護教諭の先生を対象に募集しています。
●愛しいわが子を想うように、子どもたちの体を考える
月に一度、女性ホルモンの働きで体をリセットする生理は、体調の変化と向き合い体をいたわることができる大切な時間です。メイド・イン・アースでは、女性の生理をやさしく包み込むオーガニックコットンの布ナプキンを、1999年の発売以来、提案し続けてきました。そして今では、自然派の女性たちから多くの支持を集めるほどに、愛用者の数も認知度もアップしています。
布ナプキンが広がっている背景には、「ナチュラルやエコといった要素のほかに、若い女性の間で増えている、かゆみや生理痛などの生理トラブルがあるのでは?」と、メイド・イン・アース開発担当の前田けいこは考えます。そして生理トラブルは、石油由来の使い捨てナプキンと無関係ではないのではないか…と。
化学的な根拠こそあきらかにされてはいませんが、女性の体の大切な部分が石油化学製品にふれ続けるのは、やはり不自然なこと。将来、赤ちゃんのゆりかごとなる大切な子宮にも直接つながっています。下着と同じコットン、しかもオーガニックコットンでできた布ナプキンには、こうした不安要素がほとんどありません。実際、体が元気になるからか、オーガニックコットンの肌触りに安らぎを覚えるからなのか、ユーザーからは「生理痛が楽になった」「PMS(月経前症候群)が軽減した」「においやかゆみがなくなった」という声がたくさん寄せられています。
「体がまだできあがっていない子どもたちは特に、日曜日だけ、夜だけからのスタートでもいいので、使い捨てナプキンに触れる時間を減らしてあげたいなと思います。そして、布ナプキンを使うことが、自分の体を大切に考えるきっかけになってくれれば、これ以上うれしいことはありません」。前田けいこは、わが子を見つめるかのようなやさしいまなざしで、そう語ります。
実はメイド・イン・アースには、前田けいこをはじめ、女の子をもつスタッフが少なくありません。だからこそ、子どもたちへの布ナプキン普及の想いは強いのです。
●生理を学ぶ授業で伝えたい、布ナプキンという選択肢
女の子の体の仕組みや生理のことなど、性に関する話は親子でもなかなか話題にしづらい内容です。でも、体の変化をまっすぐに教える学校の保健授業は、子どもたちの心に素直に届く貴重な機会。前田けいこは、「体のことを知る入り口になる授業で、布ナプキンという選択肢があることをぜひ教えてあげたい」と言います。すぐに使うチャンスが訪れなかったとしても、肌トラブルや気持ちの変化など、あとで必要と感じた時に思い出して使うことができる…そんな下地を用意しておいてあげたいと、心から願っています。
こうした想いを形にしたのが、2009年にスタートした「布ナプキンお試しモニター」です。全国の小・中学校の養護教諭の先生を対象に、希望する先生・学校にサンプルを送付して授業に取り入れてもらうプログラムで、各校の状況に合わせた柔軟な提案を行っています。
たとえば、生理の授業を行ったあと、使い捨てナプキンと一緒に布ナプキンにも触れてみるという基本的な内容のほか、使い捨てナプキンが生み出すごみの問題やオーガニックコットンの栽培がもたらす途上国の変化など、環境問題・社会貢献をサブテーマにした授業なら、男女を問わず、子どもたちにとって興味深い授業になるかもしれません。
まずは先生方自身で試してみたいという場合も、お問い合わせに応じて先生用にアンケートモニターサンプルをお送りしています。
●サンプルは、はじめてにぴったりのかわいいリトル布ナプキン
サンプルとしてお渡しするのは、布ナプユーザーにも大人気の「リトル布ナプキン」。少女の手のひらにすっぽり収まるミニサイズで、オーガニックコットンの天然色をそのまま活かしたストライプ柄などがかわいらしいシリーズです。スナップがついているので、お手洗いで誤って落としてしまう心配もありません。
生理が始まる前や生理の終わり頃、おりものが多い時期など、生理の時以外にもぜひ試してみてください。やさしい肌触りとかわいさに、きっと、つけていることが楽しくなるはずです。
生理は本来、喜ばしくてステキな現象です。子どもたちにはぜひ、毎月の体の変化を肯定的に受け止め、自分はもちろん他人に対しても思いやりの心を育んでほしい。メイド・イン・アースは、布ナプキンをとおして、そのお手伝いを行っていきます。
モニターをご希望の小・中学校の養護教諭の先生は、お勤めの学校名・お名前・ご連絡先をそえて、下記までお電話もしくはメール・FAXでお申込みください。
子どもたちへの初経教育授業用の無料配布サンプルやリーフレットのご提供、先生方・PTAのお母さま方対象の「布ナプキンのお話会ワークショップ」の開催なども実施しておりますので、お気軽にお問合せください。
(文・中島まゆみ@メイド・イン・アースPRESS)
メイド・イン・アース/株式会社チーム・オースリー
TEL 0120-697-510(フリーダイヤル)
FAX 0120-096-510(フリーダイヤル)
Email toiawase@made-in-earth.co.jp
女性にとって生理期間は、体と向き合う大切な時間。はじめて生理を迎える子どもたちにも、このステキな時間に喜びを感じてほしいと願っています。ふんわりやわらかなオーガニックコットンの布ナプキンを、そのおともに…。メイド・イン・アースでは、小・中学校の保健の授業で布ナプキンを紹介する「布ナプキンお試しモニター」を、養護教諭の先生を対象に募集しています。


●愛しいわが子を想うように、子どもたちの体を考える

110401school01.jpg月に一度、女性ホルモンの働きで体をリセットする生理は、体調の変化と向き合い体をいたわることができる大切な時間です。メイド・イン・アースでは、女性の生理をやさしく包み込むオーガニックコットンの布ナプキンを、1999年の発売以来、提案し続けてきました。そして今では、自然派の女性たちから多くの支持を集めるほどに、愛用者の数も認知度もアップしています。

布ナプキンが広がっている背景には、「ナチュラルやエコといった要素のほかに、若い女性の間で増えている、かゆみや生理痛などの生理トラブルがあるのでは?」と、メイド・イン・アース開発担当の前田けいこは考えます。そして生理トラブルは、石油由来の使い捨てナプキンと無関係ではないのではないか…と。

110401school02.jpgのサムネール画像化学的な根拠こそあきらかにされてはいませんが、女性の体の大切な部分が石油化学製品にふれ続けるのは、やはり不自然なこと。将来、赤ちゃんのゆりかごとなる大切な子宮にも直接つながっています。下着と同じコットン、しかもオーガニックコットンでできた布ナプキンには、こうした不安要素がほとんどありません。実際、体が元気になるからか、オーガニックコットンの肌触りに安らぎを覚えるからなのか、ユーザーからは「生理痛が楽になった」「PMS(月経前症候群)が軽減した」「においやかゆみがなくなった」という声がたくさん寄せられています。

「体がまだできあがっていない子どもたちは特に、日曜日だけ、夜だけからのスタートでもいいので、使い捨てナプキンに触れる時間を減らしてあげたいなと思います。そして、布ナプキンを使うことが、自分の体を大切に考えるきっかけになってくれれば、これ以上うれしいことはありません」。前田けいこは、わが子を見つめるかのようなやさしいまなざしで、そう語ります。
実はメイド・イン・アースには、前田けいこをはじめ、女の子をもつスタッフが少なくありません。だからこそ、子どもたちへの布ナプキン普及の想いは強いのです。

●生理を学ぶ授業で伝えたい、布ナプキンという選択肢

110401school03.jpg女の子の体の仕組みや生理のことなど、性に関する話は親子でもなかなか話題にしづらい内容です。でも、体の変化をまっすぐに教える学校の保健授業は、子どもたちの心に素直に届く貴重な機会。前田けいこは、「体のことを知る入り口になる授業で、布ナプキンという選択肢があることをぜひ教えてあげたい」と言います。すぐに使うチャンスが訪れなかったとしても、肌トラブルや気持ちの変化など、あとで必要と感じた時に思い出して使うことができる…そんな下地を用意しておいてあげたいと、心から願っています。

こうした想いを形にしたのが、2009年にスタートした「布ナプキンお試しモニター」です。全国の小・中学校の養護教諭の先生を対象に、希望する先生・学校にサンプルを送付して授業に取り入れてもらうプログラムで、各校の状況に合わせた柔軟な提案を行っています。

たとえば、生理の授業を行ったあと、使い捨てナプキンと一緒に布ナプキンにも触れてみるという基本的な内容のほか、使い捨てナプキンが生み出すごみの問題やオーガニックコットンの栽培がもたらす途上国の変化など、環境問題・社会貢献をサブテーマにした授業なら、男女を問わず、子どもたちにとって興味深い授業になるかもしれません。
まずは先生方自身で試してみたいという場合も、お問い合わせに応じて先生用にアンケートモニターサンプルをお送りしています。


●サンプルは、はじめてにぴったりのかわいいリトル布ナプキン

110401school04.jpg

サンプルとしてお渡しするのは、布ナプユーザーにも大人気の「リトル布ナプキン」。少女の手のひらにすっぽり収まるミニサイズで、オーガニックコットンの天然色をそのまま活かしたストライプ柄などがかわいらしいシリーズです。スナップがついているので、お手洗いで誤って落としてしまう心配もありません。
生理が始まる前や生理の終わり頃、おりものが多い時期など、生理の時以外にもぜひ試してみてください。やさしい肌触りとかわいさに、きっと、つけていることが楽しくなるはずです。

生理は本来、喜ばしくてステキな現象です。子どもたちにはぜひ、毎月の体の変化を肯定的に受け止め、自分はもちろん他人に対しても思いやりの心を育んでほしい。メイド・イン・アースは、布ナプキンをとおして、そのお手伝いを行っていきます。

モニターをご希望の小・中学校の養護教諭の先生は、お勤めの学校名・お名前・ご連絡先をそえて、下記までお電話もしくはメール・FAXでお申込みください。
子どもたちへの初経教育授業用の無料配布サンプルやリーフレットのご提供、先生方・PTAのお母さま方対象の「布ナプキンのお話会ワークショップ」の開催なども実施しておりますので、お気軽にお問合せください。

(文・中島まゆみ@メイド・イン・アースPRESS)

メイド・イン・アース/株式会社チーム・オースリー
TEL 0120-697-510(フリーダイヤル)
FAX 0120-096-510(フリーダイヤル)
Email toiawase@made-in-earth.co.jp