表情豊かな美しい綾織のWITH PEACEクロマー 2012年春夏 新登場!

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カンボジアは元々、綿織物の産地でもありました。内戦によって一度は途絶えた産業と手仕事の技術を、取り戻したい―—。NPO法人地雷原を綿畑に!Nature Saves Cambodia!と、メイド・イン・アースとのコラボブランド「WITH PEACE」の新作は、カンボジアに古くから伝わる綾織の技術を生かした、とても流麗でさわやかなクロマーです。

 
●たてに流れるような美しい織り。これからの季節に必携のクロマー

クロマー

先日メイド・イン・アースに届いたばかりの「WITH PEACE」新作クロマーは、2012年1月バージョンと同じ色合いの、男性にも女性にも似合うシックな「ライトグレー×オレンジベージュ」と、品よくやわらかな雰囲気の「ライトピンク×ベージュ」の2色展開。たて糸が流れるような流麗な綾織りで仕上げています。

綾織りは元々カンボジアで古くから使われていた技法で、たて糸を通す「綜絖(そうこう)」を3枚使う、カンボジア独特の織り機で織っています。これまでの商品は、たて糸とよこ糸をシンプルに織った「平織り」でしたが、3枚綜絖では綾織りという技法が使えます。表はよこ糸の表情が出て、裏面はたて糸が流れるような雰囲気の、綾織りならではのやわらかい表情が持ち味です。「現地とやりとりしながら、目に見えて技術が向上しているのがわかります」(メイド・イン・アースの堀越有美子)カンボジアの元地雷原から、この夏に身につけたい、新しいクロマーが届きました。クロマーとはカンボジア語で「万能布」の意味で、マフラーやストールとして防寒や日よけに使ったり、雨が降ったらかぶってもよし、荷物を入れてくるんでもよし……陽射しも強くなってきた初夏、1枚持っておけば紫外線対策や、冷房の調整など、文字通り万能に活躍します。

with03.jpgwith04.jpg機を織る時の糸の間隔が端正になり、糸切れも如実に減り、何より現地の織り手の働く意欲がとても高く、毎回サンプルが送られてくるたびに、手応えを感じています。女系社会のカンボジアで、織り手の女性が収入を得るようになり、結婚がかなったといううれしい報告も届いています。

今後も、現地の提案と、日本でのお客様のニーズを汲み取りながら、新しい商品開発をしつつ、「WITH PEACE」ブランドで地雷被害者の方々の生活支援につなげていきます。


 

各特集最新記事一覧へ